福福NEWS

福光ルアーフイッシングクラブ

琵琶湖DEケタコのお知らせ

開催日が決定されました

8月26日から27日です

場所は去年とおんなじ
参加者はここかFBにコメントくだされ

f:id:FLFC:20170807041718j:plain

ひょっとしたらですが
優勝者の副賞に順ちゃんがかぶっているコレ

『だらでも釣れたキャップ2017』があたるかもしれませんよー

 

 

 

 

 

 

 

 

雑魚釣り王 ひっさびさの かまどや優勝

かまどや22匹で優勝

f:id:FLFC:20170806095926j:plain

f:id:FLFC:20170806100005j:plain

f:id:FLFC:20170806100043j:plain

f:id:FLFC:20170806100610j:plain

f:id:FLFC:20170806100723j:plain

f:id:FLFC:20170806100807j:plain

f:id:FLFC:20170806100826j:plain

雑魚の数釣り例会のお知らせ

8月6日

競技は午前5時に集合場所をスタート、

午前7時までを実釣タイムとします。

参加者は7時10分までに検量場所に集合。
検量は7時から始めます。
検量締切が7時ではありませんよ。

疑似餌釣りなら何でもよいが枝鉤禁止

エリア:小矢部川 豊栄橋より遊部大橋まで

検量と集合場所 三ケ用水合流付近。

魚は生かしたまま検量。死魚は不検量。
該当遊漁証を持っていない人の
「鮎」「鱒類」はカウントしません

優勝が同数の場合
延長戦で先に一匹釣った者勝ち

 

歴代雑魚釣り王

f:id:FLFC:20170730070558j:plain

 

 

フライオンリー例会結果

優勝 陽ちゃん   7/16

f:id:FLFC:20170730065306j:plain

フライオンリー例会レポート

フライフィッシングはあまり得意ではない。
キャスティングが下手なのに加え、視力低下でフライが良く見えない。
本流に立ち込んでロッドを振り続ける根性も無いし、渓流を釣り上がるほど足腰が強くない。

今回は本流に濁りが残っているので、谷川との合流点に立ち、谷川からのきれいな流れにラインを乗せて、濁った水との境にニンフを送り込む作戦を取ることにした。
狙っていた場所に4時過ぎに入り、準備を始めた。
昨シーズンのままのロッドをつなぎ、付けたままだったモンタナニンフの針先を点検した。
ダウンクロスでライン伸ばしていったら、先端がスッと水中に沈んだ。
軽く合わせると、確かな手ごたえ。
1投目からの幸運に無理をしないよう軽く寄せていたら2~3回左右に走った後、きらりと腹を光らせフッッと軽くなった。
調べてみるとフライの結び目でほどけていた。
40㎝近くあった。不真面目さを悔やんだが後の祭り。
薄暗い中で苦労してニンフを付け替え、再開したが、15㎝にも満たないニジマスが1匹だけ釣れた。

気分を変え、数十m先の砂防ダムに行った。落ちてくる水にニンフをキャスト。
白泡の下まで送り込んで、底にいるイワナを誘い出すことにした。
ニンフが見えるわけでもなく、ただイメージだけでロッド振っていたが、いつの間にか心の中では”おだまり!”と鞭を振っている女王様気分。
10回くらいだろうか、泡の下からニンフを手元へ引き上げる際、明確な当たりがあった。
最初に逃がした魚に比べればずいぶん見劣りするサイズのイワナだが、20㎝は越えていそうなので、検量用に一応キープ。
再度本流との合流地点に戻り、フライパターンを替えながら色々やってみるも、パッとしない。
そのうちに発電放流のアナウンスが聞こえ、本流の水が動き出したらあちこちでライズがはじまってきたが、同時に雨も強くなってきたので、車に戻った。

f:id:FLFC:20170730064858j:plain

 

フライオンリー例会のお知らせ

7月16日

フライオンリーです
よゐこは わかりますね
ルアーで釣ったり

焼き魚を買ってきたり

メバルを虹鱒だと言って持ち込むのは
今回は禁止です


検量場所  昨年の放流場所(3月例会と同じ場所)
わかんない人はかまどやに聞け
090-3760-2638 22時まで
  

検量締め切り 9時

検量開始時間は8時からとは言え
どーせギリまで釣るんでしょ?

8時前に帰りたい人は検量場所に釣り人が分かるようにして
魚を置いていってください。

 



 

福福&中部ブロック釣り大会結果

順ちゃん優勝

f:id:FLFC:20170620074835j:plain

順ちゃんの優勝レポート

前日、早朝4時過ぎに、澤部会長一向と合掌の里上の駐車場で合流、まずは尾瀬谷の出合いへ入ったが、超満水状態で立ちこんでの釣り開始、30分位キャストするもヒットなしで、安達の砂利取り場、高田組と案内し高田組跡地が、歩かなくてよい、長田組も藪漕ぎが少しあるも、足場よさそうとの事で、お気に入りとなり、明日のポイントに、その後、下梨橋下、温泉下、第二の排水、猪谷橋下、ささら館と案内したが、足に自信がないといずれも入りにくそうと、却下、その後 安達の砂利取り場で、キャストするもヒットなし、黑葉温泉で 仮眠するとの事で一時お別れ

さて明日は、どこへ行こうか?多分明日も満水、下梨橋も草丈が有りやりづらそう、保育園横の出会いが、何とか立ち込めそうだったので、家に戻って、前夜祭用の、スモークチーズと何時になく準備良くロープを準備して前夜祭会場へgo

 

大会当日は、殆どの人が出かけてしまった、4時30分に出発、下梨の保育園横の出合いへ、コンクリートの手摺にロープを縛り、満水のポイントへ入る膝下10Cm位までたちこんで5時、キャスト開始5~6投当たりなし、ルアーをチェンジしさらに投げ込む、ようやくちーさなうーさんが、ヒット 大会だし坊主逃れでキープ、9時まで投げるぞと続投、5時20分頃、駆け上がりからレインボウが飛び出しヒット 3回ジャンプ、がっちりとシングルフックが掛かっている、3m位まで寄せた時最後のあがきで、ロッドが曲がるドラックを少し緩め慎重に引き寄せランディング、エラ蓋に傷のあるおぞ虹でしたが、シーズン初の大物、不調続きだったので大満足、JLAA北陸支部大会で釣れてからつきが回ってキタみたい、でも優勝になるとは、思っていませんでした。

 

FLA会長 杉本順一

 

 

 

f:id:FLFC:20170619103829j:plain